理系のインターンシップ 

【企業研究】優良会社の見つけ方

来年、就職活動が4月スタートとなり、企業としては少ない面接で学生を判断しなければなりません。

そこで、企業が目を付けるのがインターンシップです。面接で選べないならインターンシップで良い人材を見つけようという魂胆です。では、インターンシップとは実際にどのようなことをするのでしょうか。今回は私の体験を語っていこうと思います。
 
 

1.私のインターン

 
私は、ある大手電池メーカーでインターンシップを行いました。

電池というものは今後確実に需要がでる分野ですし、インターンを行えば選考に有利だと考えたからです。

 
 

2.インターンシップの内容

 
私が行ったインターンシップの流れは以下の通りです。
 
◆ 企業説明

まず企業説明会です。普通の説明会と異なり、インターンシップの説明会は本社で行います。様々な施設や製品を直に見ることができ、働くイメージを持ちやすいことが特徴的です。

 

◆ 課題

次に課題を渡されます。私の場合は、1グループ6人の班で共通の課題に向け協議し、2週間後に発表するというものでした。
基本的には、プレゼンテーションを行うモノが多いようです。また、会社によっては面接対策を行ってくれる所も有ります。
 

◆ 発表

課題を発表し、評価をいただきます。ここで、評価が良かったりすると人事の方の覚えもよくなり、採用の道が開けてきます。

 
 

3.インターンシップの感想

 
始めは「行きたくないなぁ~。なんで申し込んじゃったんだろ・・」と思いましたが、インターンシップは楽しい物でした。

特に、就活を意識した人が集まるので、就職活動の情報交換や、今後の予定を決める際の参考になる情報を簡単に集められます。
 
インターンシップでは、実際に働く現場を見ることが出来、人事への売り込みもできる良い機会です。

特に今年は、企業がインターンシップで学生を探す傾向があります。「夏休みは遊びたい」と思うかも知れませんが、インターンシップは必ず受けるようにしましょう。

インターンシップは学生と企業を結ぶ数少ない機会です。この機会を逃さず活かし、内定を勝ち取りましょう。

 

 

 

 

Authors

関連記事の紹介

2 Comments

  1. 出荷待ち said:

     Fラン理系3年生です。インターン選考の参考にこのサイトをよく利用させて頂き、運よく4社のインターンシップが決まりました。
    これも参考にさせていただいた本サイトのおかげです。心から感謝したいです。これからも利用と応援させていただきますし、今後の就活生すべてのために更新作業等がんばってください。
      就活生の大企業志向が高まる中、私のインターンシップ先は例のごとく大企業4社です。
    やっぱり中小にも目を向けておくべきとは考えているのですが、企業研究の時間がなくそこまで掘り下げることができませんでした。
    いい企業に就職できるようにこれからも企業研究していきますので、就活情報での応援を今後ともよろしくお願いします。

    • HakodaHakoda said:

      コメントありがとうございます。また、インターンシップ決定おめでとうございます。
      このようなコメントを頂き、私達も嬉しいばかりです。
      これからも就活生に向けて情報を発信し続けていきます。是非参考にして下さい。

      今期は就活のスタートが4月からとなり、インターンシップの選考ウエイトが重くなっているらしいです。
      インターンシップで自分らしさをアピール出来るよう、頑張って下さい。応援しています。

      サイト管理人 ハコダ

*

CAPTCHA


Top