【企業研究】優良会社の見つけ方

【企業研究】優良会社の見つけ方

 

みなさんは、どうやって企業探しをしていますか?
また、見つけた企業の善し悪しをどのように調べているでしょうか?

意外と企業探しって難しいですよね。ではどうしたらよいでしょうか…お答えします!その答えを

 

 

 

転職サイトの情報を活用

 

今調べている企業がブラック企業なのかホワイト企業なのか気になりますよね。そこで、多くの人は2chのスレッドを見てみたり、OB訪問してみたりすると思います。でも、それと同時にチェックしておくと役に立つのが「転職サイトの口コミ」です。

なぜ、転職サイトの口コミが役に立つかというと、実際にその企業で働いていた人の企業の評価や評判、内情などを知ることができるからです。

やり方は、「VORKERS(http://www.vorkers.com/)」などの転職サイトにいって口コミを読めば良いだけです。

企業の内情を手軽に知りたい方にはオススメの手法です。

 

 

 

財務諸表から優良企業を見つける

 

次に、財務諸表(会計資料)から優良企業かどうか調べる方法について説明致します。

まず、調べたい企業のWebサイトに行き”IR情報”や”投資家の方へ”から財務諸表や業績の資料を見つけましょう。そのような資料を開くと物凄く読みたくない会計資料が出てくると思います。

色々ある指標の中で今回は以下の2つに着目してみましょう。

 

 

①自己資本比率

 

何が分かる ⇒ 倒産のしにくさ、過去にどれくらい稼いできたか

 

この比率は、企業が持っている総資本の中、負債で無い資産は何%かを示したものです。もちろん、負債は少ない方が良いので、自己資本比率は高い程良いです。

では、何%以上なら良いかですが、業界によって自己資本比率の平均値が異なるため一概には言えませんが、

 

60%以上なら◎
40%以上なら○
15%以下はヤバイかも

 

です。ただし、工作機械メーカーなど景気に左右され易い企業では50%以上、銀行は5%周辺が平均ですのであくまで目安の指標として使ってください。

ちなみに、多くの御産した企業は、自己資本比率が、20%を切った後に倒産しました。ですから、倒産のしにくさが分かります。さらに、自己資本比率は自社がどれくらい資産を持っているかも示しているので、過去にどれくらい稼いできたかを調べる指標でもあります。

 

 

②経常利益 or 純利益

 

何が分かる ⇒ 現在と過去の業績

 

言葉から分かるように、次は、企業の利益を見てみましょう。評価の基準は、

 

赤字なら×
黒字なら○
黒字+利益が3~5年増え続けている◎

 

です。赤字の会社には、入社したくないですよね。一応調べておくことをオススメします。

 

この2つの指標を使えば、比較的単時間に企業の財務状況が良いか悪いか判断できるので、潰れるか不安な方は調べてみてください。

※私は、会計や経済の専門家ではありませんので上で説明した指標の説明は厳密ではないです。単純に理解できるよう簡略化してお伝えさせて頂きました。

 

 

 

一般的な学生の企業の調べ方

 

最後に、一般的な学生の企業の調べ方について説明しておこうと思います。ですので、ここから先は一般的な就活生の方は読まなくても内容を把握というより実践していると思います。もしやっていないことがあれば、参考にしてみてください。

まず、一般的にどのようにして今の就活生が企業を探しているか。大体以下のような感じではないでしょうか。

 

情報元

  1. 就活サイトで企業情報を調べる
  2. 大学の友人や先輩などの情報
  3. 大学の過去の先輩の就職先
  4. 2ch
  5. テレビやネットの広告やCM
  6. 自分が使用している商品・サービスを提供している企業
  7. 就活・転職雑誌

 

大体これのどれかじゃないでしょうか。では、次のステップとして上の情報元から得たおもしろそうな企業が、実際には良い企業なのか悪い企業なのかはどのように調べているでしょうか?これも大体以下の通りでないでしょうか。

 

企業の評価の仕方

  1. 2ch優良企業スレに名前が載っているかどうか
  2. 企業の2chでの評判
  3. 友人や家族などの評価
  4. 分からないのでとりあえず説明会に行くor説明会に行った友人から話を聞く
  5. OB訪問、インターシップする

 

評価の仕方は、色々あるので上の5つ以外にもいろいろ評価方法があると思いますが、多くはこの5つではないでしょうか。ネットで簡単に調べられるものから足で稼がなくてはいけないものまで様々ありますね。

 


 

以上です、参考になりましたでしょうか。

 

 

Authors

関連記事の紹介

*

CAPTCHA


Top