懇談会・内定式の出席(返信)メール例文

就活メール例文

 

内々定をもらい就職先が決定すると、会社から懇親会や内定式などに誘われます。では、そのようなときどのように返信メールを送ればよいのでしょうか?

 

 

 

懇談会・内定式のお礼メール例文

 

まずは、懇親会・内定式のご案内は、多分以下のようなメールがくると思います。

 

企業からのメール「内定式のご案内」

Fラン太郎 様

いつもお世話になっております。
○○株式会社 総務部人事課の△△です。

以前からお伝えしていた通り、20xx年10月1日(水)に内定式を開催致します。

研究の繁忙期に入り、ご多忙のところ恐縮ですが、是非ご参加賜りますようよろしくお願い致します。

また、当日に当社までの交通費をお渡し致しますので、本メールに添付した資料を印刷し、必要事項を記入の上、印鑑と共に当日お持ちください。

何かご不明な点が御座いましたら、御連絡下さい。


会社情報

 


 

細かい部分は異なると思いますが、基本的な内容は上のような文面だと思います。このような文面のメールの返信ですが、基本的には、「内定式承知しました」といった内容が返信メールに書かれていればOKなので、それ以外は適当に書いておけは大丈夫です。

返信メールの例文は、以下の通りです。

 

○○株式会社 総務部人事課 △△ 様

いつもお世話になっております。
○○大学△△学部××学科のFラン太郎です。

内定式のご案内ありがとうございました。
是非とも出席させて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

また、交通費の件も承知いたしました。資料を記入の上、印鑑と共に当日お持ちいたします。

当日お会いできることを楽しみにしております。

以上、よろしくお願い致します。

―――――――――――――――――――――――――
○○大学△△学部××学科
Fラン 太郎 (エフラン タロウ)

住所 : 〒000-0000  ○○県 △△市 ××町0-1-2-3
電話番号: 090-0000-0000 (携帯)
メール: xxx@yyy.ac.jp
―――――――――――――――――――――――――

 


 

参考になりましたでしょうか。

 

 

Authors

関連記事の紹介

One Comment;

  1. ばーか said:

    敬語おかしくない?

    お持ちいたしますは尊敬語なので持参いたしますだが。

*

CAPTCHA


Top