ES例文 JNC

ES例文(Fラン理系の就活対策)2

 

 機能材料・加工品分野・化学品分野など幅広い分野で活躍する「JNC」

社会的に見ると出来たばかりの企業だが、元は日本チッ素で長い歴史とノウハウを持つ企業。

 

質問:自己PR等 4個、志望動機、やってみたいテーマ、社会人への抱負、長所・短所
エピソード:授業(設計製図)、アルバイト(塾講師)、趣味(ロードバイク、自作PC)

 

 

会社名:JNC株式会社
ESの形式:JNC指定のES

企業情報は、「おすすめ企業 JNC

 

 

1. 研究以外にとりくんだこと

 

機械設計製図に取り組みました。設計を行う中で、製品を作ることの大変さと面白さを知りました。機械設計製図では、減速機の制作を行い、歯車からケースまで全ての部品を設計しました。そこで、私は、互換性のある部品を使う、様々な材料や、加工法の中から製品に最も適した物を見つけ出すなど、低コストかつコンパクトな設計を心掛けました。また、先生方に積極的に意見を聞きに行き、他の学生より早期に図面を提出すべく日々図面を描き直しました。結果、低コストかつコンパクトな設計ができただけでなく、提出期限より2ヶ月速い早期提出を行う事ができました。

 

 

2. 学生時代に学業以外で取り組んだこと

 

個別指導塾でのアルバイトに取り組みました。この講師経験を通して、相手の気持ちや状況を読み取り、行動できるようになりました。個別指導塾では、優秀な生徒から足し算、引き算ができない生徒まで幅広く担当しました。そこで、私は、生徒の学力に応じた授業プランを考え、生徒の表情や仕草から適度に休憩を入れ、生徒を褒める、軽く小話をするなど勉強が苦痛にならない様な授業を心がけました。また、授業だけでなく、生徒とのコミュニケーションを積極的にとり、生徒から悩みや要望を聞き、そこからやる気を引き出すことで、自発的に勉強を行う様促しました。その結果、「授業が面白い」という評価だけでなく、平均点に届かなかった生徒が、学年で10番の成績を取るなど生徒の成績も大きく上げることが出来ました。

 

 

3. 志望動機

 

私が貴社を志望した理由は大きく2つあります。1つは、自分が大学で学んだ材料力学の知識を多様な製品開発の分野で生かしたいと考えたからです。私は、複合材がより良い製品開発に繋がると考え、複合材の特性、特に変形及び強度算出の分野に強い関心を持っています。そこで機能材料分野や、加工品分野に取り組んでいる貴社は魅力的で、機能材料や、繊維開発などに取り組みたいと考えています。2つ目は、貴社の「豊かな生活と環境の調和」を理念とした製品開発に共感したからです。私は、環境に配慮し、より社会に貢献できる製品に携わりたいと考えています。そこで、貴社の理念にそった物づくりを学ぶことで、専門的な技術、視野を身に付け、より社会に貢献できる製品を開発し、貴社に、ひいては社会に貢献できる人材に成りたいと考えています。

 

 

4. 関わってみたい、やってみたいテーマ

 

私は、エネルギー創生材料や長繊維ガラス強化熱塑性樹脂など材料に関わる研究開発に取り組みたいと考えています。今日、製品開発の分野では軽量性、耐久性だけでなく環境に配慮した製品開発が求められる様になってきています。そこで私は、大学・大学院で学んだ理工学の知識を元に、環境に配慮した創生材料や創出技術の開発などに関わる多彩な技術、視野を身につけ、これからの社会のニーズに合った製品開発を行い、貴社にひいては、社会に貢献していきたいと考えています。

 

 

5. 自己PR

 

「学んだことを活かす」。私は、研究室のパソコンを直した知識を元に5台のパソコンを自作することが出来ました。研究室のパソコンが壊れた際、初めは、なんの知識もなく、何が原因で動かないのかわかりませんでした。しかし、友人や、本、インターネットなどで原因を調べ、PCショップの店員に意見を聞くなどし、部品交換や、データを移し替えるなどの対応を行った結果、無事データ抽出を行え、パソコンも再び動くようになりました。その後、修理の時得た知識から、趣味として自作PCに取り組みました。それからは、自発的にパソコンに関する知識を身に付け、友人のパソコンの見積や、組立を手伝うなど自らのスキルを高めていきました。学んだことを活かし、物事に積極的に取り組む姿勢は貴社でも必ず役に立つと確信しています。

 

 

6. 社会人としての抱負

 

「常に向上心をもって物事に取り組む」。ということを目標として,日々新しいことに積極的に取り組んでいこうと思います。社会人になると多くの事を学ぶ必要がでて来ると思います。しかし、どのような事柄でも「将来必ず役に立つ」、「必ず自分のためになる」と考え、意欲的に取り組むことにより、自己の能力を向上させ、御社、ひいては社会に貢献できる人材に成りたいと考えています。

 

 

7.長所・短所

 

長所

責任感があることです。研究時や、アルバイト先などでも、与えられた仕事や、今自分がしなければならないことは必ずやり通してきました。

短所

楽をしようとすることです。現状が辛いと投げ出しはしませんが、つい楽をしたいと考えてしまいます。しかし、研究時にはデータ整理を楽にしたいと考え、プログラムを学習し、データ整理の効率化を図ることが出来ました。短所である楽をしたいという気持ちが、時には私の原動力になります。

 

 

8. その他特記事項

 

ロードバイクと自作PCを趣味としており、サイクリングを通じて、体を動かし、ストレスを解消することができます。また、自作PCを通じて身につけた知識から、パソコンの修理、組み立て、トラブルの際に役に立てると考えています。

 

 

Authors
Tags , , ,

関連記事の紹介

One Comment;

*

CAPTCHA


Top